柿の種とは何ですか、なぜそんなに良いのですか

柿の種とは何ですか、なぜそんなに良いのですか

柿の種は、日本で最も愛されている娯楽のおやつです。あらゆる年齢の人々がゲームをしたり、映画を見たり、好きな飲み物を飲んだりしながらそれを食べます。大人は特に、このカリカリとした塩辛いスナックとビールを組み合わせるのが大好きです。

「かきのたね」は、日本を代表するおやつと考えられており、発売以来数十年が経った今でも人気を博しています。亀田戦京は、この製品を大量に販売した最初の人の一人です。この甘くておいしいお菓子の詳細については、こちらをご覧ください!

柿の種とは

柿の種は、三日月形の小さな煎餅を醤油でコーティングした人気の日本のお菓子です。塩味のピーナッツと混ぜると、おやつはカキピになります。慣れていない外国人は、このおやつをピーナッツと間違えるかもしれませんが、実は餅と同じ成分で作られている餅です。

せんべいは、こね粉の生地を小指の爪くらいの大きさに切ったものです。醤油などの香ばしい食材でコーティングし、茶色に仕上げました。カリカリで塩辛い日本人は、このおやつと冷たいビールのグラスを組み合わせるのが大好きです。

柿の種の起源

最初の柿の種は、新潟県長岡市で生まれました。餅屋の創業者が誤って金型を踏んで歪んだ餅を作ったのは1924年。彼は変わった形を進めました、そしてそれが三日月形が出てきた方法です。餅のメーカーである浪速屋は、柿の種を最初に販売した会社で、ブリキ缶で販売されていました。

柿の種は、柿の種のように見える三瓶の三日月形に由来しています。 「かき」は柿、「たね」は種子を表します。ピーナッツと組み合わせると、かきのたねとピーナッツの「パイ」を組み合わせた「かきぴ」になります。カキピは、2017年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)によってSpace Japanese Foodとして正式に認定されたほどの主食でした。

カキピ比論争

なにわやがかきのたねを発明したのに対し、亀田製菓は三日月型のせんべいにピーナッツを加えてカキピを作った会社です。現在、柿の種は常にカキピとして楽しんでおり、柿の種と落花生の比率の比率は広く議論されている問題です。

食べる人にもよりますが、亀田製菓が行った世論調査では、せんべいと落花生の比率が6:​​4であると回答した日本人が多数でした。別の比率を好む人に対応するために、亀田製菓は、50:50または純粋な柿の種のみなど、異なる煎餅とピーナッツの比率が異なるパッケージを考案しました。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *